住宅展示場で家探し

一戸建ての住宅を購入しようと考えたときに、まず足を運ぶのが住宅展示場かもしれません。川越市にはモデルハウスが並んだ住宅展示場があるので、マイホーム探しの参考にしてみてはいかがでしょうか。

新築と中古

最新設備が揃っている新築住宅

新築住宅の良いところは、建物自体が新しく水回りなどの設備が最新であることです。さらに修繕費用がかからないことも新築住宅ならではでしょう。しかも最近は駅前の再開発によって、そこに新築住宅を建て替えるケースが増えています。そのため、立地条件の良い新築住宅が増えているのです。

新築よりも割安感がある中古住宅

中古住宅の最大のメリットといえば、価格が新築住宅よりも割安という点です。また実物が既に存在しているので、自分の目でしっかり確認しながら物件を選べるのも大きなポイントです。そしてどこでも売り出される可能性があるので、立地の選択肢が多いということもメリットの1つです。

女性目線の案内

間取り

住宅展示場では、質問に応えたり、案内も担ってくれます。川越エリアでは、男性営業マンより、お茶係であるはずの女性が案内してくれる率も高いようです。大きな買い物も、決定権や在宅率の高さは男性(夫)より女性(妻)です。女性目線でマネープランまで考えてくれる、加えて、家具付きという買い方さえ人気のようです。だからなのか、住宅設備メーカーの展示商品も一緒に展示されています。実際、家具や家電を配置したらイメージと違った、ギャップを感じる人もいるようです。インテリアコーディネーター、収納アドバイザー、こうした女性目線の展示、スタッフがいるから、打ち合わせや提案をしてもらえるから人気取りしているようです。

カスタマイズまで伝えている

家の模型

川越エリアの住宅展示場はファミリータイプの展示が大きく占めています。子どもの成長に対応できるような工夫を取り入れた家の見学ができるため、参考も含めて足が運ばれています。間取りが気に入らない、壁の色が好きではない、不満を解消するには新築の注文住宅なのです。2人では一戸建ては広すぎる、だからファミリー向けなのです。「子どもが成長したらこうできます」「住宅ローンの支払いに余裕ができたら、子ども部屋をこうできる」など、将来の要望も考慮されています。人気の理由、それは洋服などのように簡単に買い換えることが難しいから、どのようにもカスタマイズ、コーディネートできる点を見せられる点です。

イメージしやすい

男性

川越エリアの住宅展示場は、見せ方に特徴があります。販売する建物のテーマが和モダンであるのなら、シンプルでモダンな部屋に日本風な「和」をどのように取り入れているのかを、家を購入したい消費者にアピールします。モダン、和のニーズは新婚などの若夫婦より、二世帯住宅(親・子)を視野に入れたファミリー、あるいは川越に移住する外国人です。天井が高い、土間が広い、和素材への憧れなど、住宅の良さや特徴、住んだ時のイメージを展示で伝えています。

カタログとは違う見せられる範囲が広い

住宅模型

川越エリアの住宅展示場では、カタログではイメージが掴めない見える範囲を広げてくれています。どんな人でも「こんなふうに暮らしたい」というぼんやりとしたイメージは持っていますが、それを上手くカタチにするのは難しいのです。不動産は覚悟のいる買い物で、期待も大きく、限られる予算の中でのミスや手抜きは許されません。より良い住まいをつくるために必要なこと、ものを具体的に提案することができます。

広告募集中